OTHER STORIES

「おしゃれは人生を豊かにする」辻仁成編集長、かく語りき Posted on 2017/12/03 Design Stories  

11月1日から7日まで、DESIGN STORIES ×ISETAN ~世界で挑戦する日本人の物語~ が伊勢丹新宿店で行われた。
イベントは大盛況のもと終了。予想をはるかに超える反響、そして商品が驚くほどに売れたことに、まずもっとも驚いたのは編集長であった。
中には無名なデザイナーや日本ではまだ未紹介のブランドも含まれていたが、蓋を開けてみると大善戦であった。欧州で頑張る若きデザイナーたちに何かチャンスの場所は作れないものか、と思いついた編集長の発想から始まったこの企画。ファストファッションにおされ、またファッション界自体の低迷などで苦戦を強いられる日本の若きデザイナーたちを応援することが、商品を売ることよりも前に、大義であった。
「このままでは日本のファッションがつまらなくなる」と誰もが思っていたそんな折、編集長自ら伊勢丹新宿店と交渉し、今回のイベントを立ち上げることになる。半信半疑だったスタッフも、イベント期間中、伊勢丹新宿店の特別会場に大勢の人が集まってくる光景を目の当たりにし、新鮮な興奮とまだ日本のファッションへの強い希望がそこにあることを感じるに至った。

今回、デザインストーリーズ社は一切の報酬を受けていない。あくまでも何かできないかという思いからはじまったボランティアのイベントだったからである。それでもイベントが成功をし、誰もが笑顔で会期を終えることができたことに、勝る報酬はないというのが今の率直な気持ちである。
 

「おしゃれは人生を豊かにする」辻仁成編集長、かく語りき

「おしゃれは人生を豊かにする」辻仁成編集長、かく語りき

 
編集長が見つけてきたパリの新人ブランド、LIENDEとMAISON MAREA はとくに善戦をした。イベントが始まる直前まで「彼らの商品が売れなかったらどうしよう」と悩んでいた編集長、しかし結局、これは杞憂に終わった。
日本でも展開している、divka 、KOINOBUHIDE 、CISEIの中堅ブランドも注目を浴びた。最高の売り上げを記録したdivka に「いやあ、台風の目だったね」と編集長もご満悦。デザイナーの田中崇順さんとの無言のトークバトルは伝説となった。(田中氏は終始笑顔だったが、あまりに言葉数が少なく、編集長がスタンダップコメディさながら一人で場を盛り上げている姿は、集まったお客さんらの微笑みを誘っていた)
 

「おしゃれは人生を豊かにする」辻仁成編集長、かく語りき

 
しかし、このイベントを精神的にけん引してくれたのはイギリスとフランスで長年活躍を続けてこられたレジェンドブランド、MICHIKO KOSHINOとIRIEの存在であった。
初日に登壇したミチコさんのエネルギッシュな人生観が若いデザイナーたちを発奮させた。実にチャーミングで素晴らしい生き方をなさっている人である。大御所なのに、一切気取らず誰にでも明るく、編集長とのマシンガントークは脱線に次ぐ脱線、お客様の爆笑を買っていた。
パリの入江さんはイベントが始まる直前まで念入りにアドバイスをくださった。彼らのような異国で40年近く活躍されているレジェンドの存在は、後を追う者たちに希望を与える。

先輩後輩が仲良く同じ場所でイベントができたその姿に明るい未来を私たちは感じることができた。これは本当に素晴らしいことであった。
 

「おしゃれは人生を豊かにする」辻仁成編集長、かく語りき

「おしゃれは人生を豊かにする」辻仁成編集長、かく語りき

 
伊勢丹のバイヤーであり、今回のイベントの窓口となってくださった額田純嗣氏よりコメントが届いている。

「辻さんの想いによって、才能ある「ヒト」が集まり、その方々が秘めていた「コト」が表面化されて「モノ」となり、素敵に束ねられてこの「ストーリー」は出来上がりました。
結果、想定以上にお客さまからご支持を賜ることができました。個人的に一番嬉しかったことは、伊勢丹の販売員の接客スタイルにも影響を与えたことです。彼女たちは今回、「モノ」の特徴や良さを説明するだけでなく、デザイナーさんの人となり、原体験、価値観を伝えていました。これは偶発的ながら、必然的のように感じています。伊勢丹新宿店は、ただ「モノ」を売っているだけではもう楽しくない。
「モノ」と「コト」をつなげて味のある「ストーリー」を紡ぎだしていきたいと思います」
 

「おしゃれは人生を豊かにする」辻仁成編集長、かく語りき

「おしゃれは人生を豊かにする」辻仁成編集長、かく語りき

 
イベント最終日はCHICO SHIGETAによる美の伝授パフォーマンスが行われた。世界中のセレブの美を支え続けるパワフルなシゲタさん。女性が内側に秘めた美、オーラについてのお話やモデルさんを相手に行われた実演はイベントの最終日に相応しい大団円となった。

トークイベントの最中、「おしゃれは人生を豊かにしますよ」と語り続けていた編集長の言葉が心に残った。
暗い時代だからこそ、精一杯のおしゃれをして自分の周辺を明るくさせたいものだ。

来年か、再来年、またこの企画の第二弾を計画してみたい。美に終わりはない。
 

「おしゃれは人生を豊かにする」辻仁成編集長、かく語りき