PANORAMA STORIES

CHICO SHIGETA 「大人のためのセルフケア」第一回Posted on 2017/01/02  Posted by Design Stories

毎日の生活の中では、無駄なことにエネルギーを割かれ、心も身体も疲弊しますね。毎日、くたくたになってベッドに潜り込んでいませんか? そのまま眠って、悪夢を見て、へとへとになって翌朝がやってきて、また同じことの繰り返し。その日のストレスを抱えずに、気持ちよく新しい1日を迎えたいですよね。

そこで私たちはパリで大活躍するホリスティックセラピーの第一人者CHICO SHIGETAさんをお迎えして、自分で毎晩できるセルフケア、セルフマッサージのご指導を仰ぐことになりました。

CHICO SHIGETA 「大人のためのセルフケア」第一回

ベッドに潜り込むそのちょっと前に、ご自身の身体の疲れやストレスをご自身の力で取り除き、快適な睡眠を、そして、快適な目覚めを手に入れてみてください。
穏やかな眠りが翌日を豊かにします。疲れやストレスを翌日に持ち越さないためのセルフケア。

さあ、試してみましょう。

第1回 穏やかな心で自信を持ち、表現力を豊かにするマッサージと呼吸のすすめ

このケアは、緊張した心をほぐしてから、心を開き、内に溜めてしまいがちな負の感情やストレスを外に出し、生命力を目覚めさせ、内なる自信を持つことが目的です。胸部の緊張をほぐし、感情を溜める場所でもある腹部(お腹)を温めることで心を開き緩め、最後に呼吸でその効果を高めて持続させるのが目的です。
ステップ1から3を続けて行うことで、とても効果的なケアができるでしょう。

ステップ1 デコルテのマッサージ

あなたの体は緊張していますか?

左右の鎖骨と肋骨の間にある溝のあたりを指先で押してみてください。もし痛かったら、それはカラダと心が緊張しているという証拠なのです。胸の中心には自律神経の森が広がり、私たちは、我々が負の感情に支配されたり、緊張感が続いたりすることで、ぎゅっと緊張をしてコリが生まれます。このコリがひどくなると、自律神経のバランスが崩れる原因にもなります。

心に気負いや緊張感があると当然肩に力が入り、胸筋が固まってしまいます。この状態これではなかなかリラックスはできません。このこわばりをあなたの指先でほぐしていくことからはじめます。

CHICO SHIGETA 「大人のためのセルフケア」第一回

お尻から根が生えているところをイメージしながら座りましょう。胡坐を組んで、床に腰を落ち着け、安定感を感じる姿勢でいるのがポイントです。

ー マッサージがしやすくなるように、マッサージオイルをデコルテに塗布します。リラックス作用のあるエッセンシャルオイルを混ぜて使うと、より効果的です。(参考:SHIGETA スゥィートドリーム)

CHICO SHIGETA 「大人のためのセルフケア」第一回

ー 鎖骨下の胸の中心あたりから脇に向かって、指4本を肋骨の骨と骨の間にある溝に沿わせて少し指に力を入れて押し進んでいきます。まるで深い樹海の渓谷を静かに前進するような感じで、ゆっくり押し上げていくのです。
右が終わったら、左側へ。

複雑に絡み合ったコリが少しずつほぐされて、消えていくのがわかるはずです。左右10回ずつが目安です。

CHICO SHIGETA 「大人のためのセルフケア」第一回

現代人はみなさん呼吸が浅く、深呼吸しても全然肺に空気が入っていかないという方が多いのです。それは、肺が胸筋に覆われているためで、胸筋がこわばると、肺が膨らみにくくなるためです。ですから、胸筋を緩めることで、息を吸うと肺が広がりやすくなります。そうすると、自然と肩の力が抜けて気持ちもリラックスしていきます。

生き生きとした森に戻すためには深い呼吸を取り戻すことからはじめましょう。

ゆっくりとコリをほぐしながら、呼吸が深くなっていくことを感じながら行うことがポイントです。

ステップ2 お腹を温める

次に、お腹を優しく温めることが目的のマッサージです。
実は、「体の緊張」とは「心の奥の緊張」からきていることがよくあります。様々な心配の連続は心に壁を作り、自己表現することに恐怖感が生まれます。身体の中心に位置するお腹を温めることで、心の奥の緊張感を緩め、身体全体に安心感を広げます。

CHICO SHIGETA 「大人のためのセルフケア」第一回

ステップ1と同じ姿勢のまま行います。

オイルを手に取り、お腹の中心から時計の針と同じ方向にゆっくりとさすりながら回します。そのまま、落ち着いた呼吸を続けながら、お腹を優しく、温かくさすり続けていきます。小さな円を描いたり、大きな円を描いたりしながら、お腹全体をまんべんなく、手の温度で包み込むようにさすります。(参考:SHIGETA ボディー・マインド・スピリット)

CHICO SHIGETA 「大人のためのセルフケア」第一回

お腹に触れている時には、手の温度や、安心感、心地よさなど、感じていることにを意識をフォーカスすることがとてもも大切。他のことを考えず、手の温かさやその瞬間に感じたことをどんなに小さなことでも気にとめながら、優しくお腹を温めてください。体に対し、「ありがとう」という感謝の気持ちも忘れずに。
お腹を温めることと、「ありがとう」と自分を認める気持ちを持つことで、心に作ってしまった壁を取り外していくことができるはずです。

ステップ3 呼吸

ステップ1で緊張感を取り、呼吸を深くする準備を行い、ステップ2によって心を開く準備をします。そしてそれを持続、安定させるために最後に呼吸法を行います。

CHICO SHIGETA 「大人のためのセルフケア」第一回

ー あなたは大きな一本の木であると想像してみてください。姿勢はステップ1、2と同じです。膝頭に手を乗せてください。肩を落とし、だらんと腕手の力を抜きましょう。

ー 鼻から息を吸います。その時、お尻から空気が入って、背骨を通って頭のてっぺんまで空気が流れることをイメージしてください。地面から吸い上げた地球のエネルギーが大樹の頂上の葉や枝の先から空へ向かって流れていくイメージです。吸った息を仙骨からまっすぐと背骨に通すことが大事です。大樹の幹に沿って、エネルギーを押し上げていきます。

ー 息を吐くときには、口からゆっくり時間をかけて呼気を吐き出していきます。
そして、再び息を吸うときには、仙骨から空気が入っていくところを想像しながら・・・。これを連続して3分から5分間行ってみましょう。

CHICO SHIGETA 「大人のためのセルフケア」第一回

Photography by Takeshi Miyamoto


「息」は「気」です。背骨に息を通すことは、背骨に気を通していくことなのです。その空気がほぐれた心(ステップ1)と開いた心(ステップ2)を深く培っていくことになるのです。全てがここで繋がったことをあなたは実感することができるでしょう。

体は温まり、心は鎮まっていきます。ほら、もうリラックスができたはずです。

ガチガチに強張っていたモデルのアメリーさんも、セルフケア後、すっかり緊張がほぐれ、血行も良く、とてもリラックスした顔になっていました。リラックスできると、人は自然に笑顔になるものです。

CHICOさんが笑いました。アメリーの表情から一切の緊張が消え失せていたのです。さあ、今度はあなたの番です。身体の悲鳴を聞きつけたら、ぜひ、CHICOさんのセルフケア、セルフマッサージをお試しください。快適な目覚めがあなたを待っていますよ。

つづく

Posted by Design Stories

Design Stories