PANORAMA STORIES

新しい中東女性像を祝したドバイの国際女性デー Posted on 2018/04/26 川端 芽衣 プランナー・Vogue Japan Blogger ドバイ

#WomenMarch で賑わった3月。

ここ、中東ドバイでも街をあげて国際女性デーがお祝いされました。
 

新しい中東女性像を祝したドバイの国際女性デー

中東のイスラーム女性は、一夫多妻制や全身をローブでまとう必要があったりと、食事・行動・法律における制限が何かと多く、一見保守的な印象もあります。

しかし実際に中東地域に住んでみると、”イスラーム女性”と一言ではくくれず、キャリアを求めて近隣諸国から駐在している女性をはじめ、ドバイでは女性の裁判官やパイロット、それにCEOが女性の企業もたくさんあります。

また、裕福な家庭のミレニアル世代の子の多くは、アメリカやヨーロッパへ留学に出て、自国へ戻りビジネスを始める方もいます。


ドバイの若者に大人気のハンバーガー屋”SALT”のCEOは20代の女性だったり。

一昨年には中東地域で初めて”Vogue Arabia”が創刊され、サウジアラビアの皇女が編集長に就任しました。

昨年には、中東諸国の中でも最も女性にとって規律が厳しいとされるサウジアラビアでも、女性の自動車の運転がはじめて認められました。

今年にはいってからは、NIKEから”NIKE Hijab”というイスラーム女性のための肌を見せないスポーツウェアも発売され、ここ数年でイスラーム女性にとっての表現や行動の自由の広がりを感じることができます。
 

新しい中東女性像を祝したドバイの国際女性デー

数えるだけでも、ここ数年で表現や行動の自由の広がりを感じます。
特にその中でもドバイは、人口の8割を外国人が占めるので、食事や服装などの慣習も比較的自由が多いです。

そんなドバイにある世界一大きなショッピングモール、「ドバイモール」では、3月、中東女性の貢献や成功をお祝いし、さらに女性のエンパワーメント、インスパイアすることをテーマとしたイベントが開催されました。
 


<ドバイモール、国際女性デーの様子> 

セールはもちろん、カフェやレストランでは女性向けの割引や特典、無料メイクブースやライブペインティングはエミラティをはじめ、世界各地から集まった海外赴任者や観光客で大賑わい。
 

特に、高級ブランドの店頭では、Arab Women Awardで表彰された女性達からの力強いメッセージが並びました。

その隣には”For the Women”という女性から女性に向けたメッセージを書き込めるパネルが設置されています。
 

新しい中東女性像を祝したドバイの国際女性デー

新しい中東女性像を祝したドバイの国際女性デー

真剣に読みすすめる若い女性、ほほえみながら読む老女、一生懸命に覚えたての文字を書く小さな子供まで。

女性の、女性による、女性のための、誰もが一度は感じたことのあるような、心にすっと入り込む言葉が何百と並んでいます。
その言葉ひとつひとつは、まるで彼女達ひとりひとりの人生図のように彩られていました。
 

今年の世界経済フォーラムが発表した世界男女平等均等ランキングでは、日本は114位(144カ国中)。
ドバイがあるアラブ首長国連邦は120位。

G7の中で平均を下回っているのは日本のみ、また、日本の前後には中東や中南米の国が並びます。

いつか世界に「国際女性デー」という言葉がなくなる日は来るのかな。
 

新しい中東女性像を祝したドバイの国際女性デー

 
 

Posted by 川端 芽衣

川端 芽衣

▷記事一覧

Mei Kawabata
プランナー・Vogue Japan Blogger
編集者を経て、現在コスメブランドのプランナー。作り手の見えるものが好き。University of the Arts London在学中。