Writer

辻 仁成

辻 仁成

Hitonari Tsuji
作家。パリ在住。1989年に「ピアニシモ」ですばる文学賞を受賞、1997年には「海峡の光」で芥川賞を受賞。1999年に「白仏」でフランスの代表的な文学賞「フェミナ賞・外国小説賞」を日本人として唯一受賞。ミュージシャン、映画監督、演出家など文学以外の分野にも幅広く活動。Design Stories主宰。

滞仏日記「不安を乗り越えるための三原則」Posted on 2019/01/17

  某月某日、明らかな理由、原因がある不安と、理由がよくわからない漠然とした不安というものが…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「TV出演依頼が殺到するパリの日本人弁護士」Posted on 2019/01/16

  某月某日、スティングのEnglishman in New Yorkという曲のサビの歌詞は…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「世界一のデパート、ボンマルシェの食品館にて」Posted on 2019/01/15

  某月某日、息子は15歳になったが、しかし、14歳の時と何も変わらない。そりゃ、そうだ、僅…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「息子の15歳の誕生日に思うこと」Posted on 2019/01/14

  某月某日、ついに息子が今日、15歳になった。15歳を記念して身長を測ってみたところ172…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「マレ地区で、失われた時を求めて」Posted on 2019/01/13

  某月某日、今日は記憶を辿る一日となった。マルセル・プルーストの「失われた時を求めて」の第…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「マルシェに行こう。腹いっぱいの幸福のために」Posted on 2019/01/12

  某月某日、食材がなくなったので行きつけの市場まで買い物に出かける。もう15年くらいの付き…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「パリのカフェで失敗しない方法」Posted on 2019/01/11

  某月某日、息子が学校に行き、エッセイを一本書き上げたら、行きつけのカフェに行く。日課だ。…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「セーヌ川にて、1991年の風」Posted on 2019/01/10

  某月某日、昨夜のノートルダム大聖堂の前でギターを弾いていた男の残像が頭から離れなかった。…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「ノートルダム大聖堂にて」Posted on 2019/01/09

  某月某日、僕はその時、たった一人、ノートルダム大聖堂と向かい合っていた。聖母マリアを意味…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「違い過ぎるフランス流教育」Posted on 2019/01/08

  某月某日、またいつもの日常が戻って来た。新学期が始まったのだ。朝、7時に目覚まし時計が鳴…

posted by 辻 仁成