JINSEI STORIES

父ちゃんのレシピ「スズキのこぶ締めカルパッチョの冷製カッペリーニ」 Posted on 2021/02/23 辻 仁成 作家 パリ

ちょっと、気の利いたイタリアンでも食べたいなぁ、という物憂げな午後にピッタリなパスタを、春に向けて、ご紹介します。
なんか、スパークリングワインとか、フレッシュな白ワインで、けだるい昨今をぶっ飛ばしたいと思っている主夫&主婦の皆さんに、最適です。
ご自宅で、こじゃれたレストランで食べるような、パスタランチなんていいかがでしょうか?

今回、紹介するスズキのこぶ締めですが、昆布がなければ、昆布茶でやってください。写真は昆布でやっていますが、完全に無視してくれていいです。その場合は、昆布茶を適量スズキの刺身用のさくに満遍なく、あんまり沢山じゃなくていいです。でも、満遍なくふりかけ、サランラップで包んで、2,3時間、味をしみこませてください。昆布だと一晩の方がいいかな。でも、薄味でも美味しいですし、そこはレシピにとらわれず、大胆に、ご自由に、ドラマティックに挑んでくださいね。じゃあ、まずは、材料から!

父ちゃんのレシピ「スズキのこぶ締めカルパッチョの冷製カッペリーニ」



材料(2人分)です。
スズキ(白身の魚)200g
昆布2枚
<A>
カッペリーニ160g
バター15g
生クリーム大さじ2
すりごま20g
昆布茶小さじ2〜3
オリーブ油大さじ2
ごま油少々
塩胡椒少々



じゃあ、一緒に作ってみましょうね。
まず、スズキは昆布と昆布の間に挟みラップで包んで一晩冷蔵庫で寝かせて薄切りにします。※昆布茶でいいんですよ、だから、昆布茶! 梅昆布茶でもいいですよ。梅の味が出てなお、いいんじゃないのでしょうか。

父ちゃんのレシピ「スズキのこぶ締めカルパッチョの冷製カッペリーニ」

地球カレッジ

父ちゃんのレシピ「スズキのこぶ締めカルパッチョの冷製カッペリーニ」

父ちゃんのレシピ「スズキのこぶ締めカルパッチョの冷製カッペリーニ」



ボウルに Aの材料を入れ、よく混ぜ合わせておきます。茹でたカッペリーニを2のボウルに入れ、パスタの茹で汁大さじ2〜3を加えて混ぜ合わせたら皿に盛り付けます。
パスタのまわりにスズキを張り付け全体にオリーブ油を回し掛けして完成です。
簡単でしょ? こぶ締めにするのがちょっと面倒くさいですが、昨今の時短料理では出せない、レストラン感が満載ですから、大好きな人と仲良く食べてくださいね。
ボナペティ! 父ちゃんは一人で食ってやる!!! えへへ。

父ちゃんのレシピ「スズキのこぶ締めカルパッチョの冷製カッペリーニ」



自分流×帝京大学