JINSEI STORIES

GOTOキッチン「ロシア旅行をご家庭に、ピロシキを作ろう!」 Posted on 2020/07/28 辻 仁成 作家 パリ

ピロシキと言えば、ウクライナ、ベラルーシ、ロシアなどのお惣菜パンとして日本でも大人気なのだけど、これは家庭でもそんなに難しくなく作ることが可能なのです。手間はちょっとかかるけど、完成した時の満足感と言ったら半端ない。まず、あの照り感、ガブっとかぶりついた時の触感、ジューシーな味わい、満足感、どれも最高なのだけど、自宅で作れる、となれば小躍りしたくなりませんか? 出来るのです。

GOTOキッチン「ロシア旅行をご家庭に、ピロシキを作ろう!」

右がぼく、左が息子。赤の広場にて。



数年前、息子が不意にロシアに行きたいと言い出し、ぼくら父子はモスクワへ旅立ちました。そこで出会った本場のピロシキのおいしさを研究し尽くし、自宅で再現、その後、辻家では人気メニューに加わったのです。親子で作っても楽しいし、家族を喜ばせるためにこっそり一人で作ってもまた楽しい料理です。とにかく、これ、焼きあがった時の満足度は、有名パンたちの中にあって最高峰と言っても過言じゃないでしょう。では、さっそく、作ってみましょう。

まずはパン生地の材料になります。
強力粉     300g
塩       小さじ1
砂糖      大さじ1

ドライイースト 小さじ1
バター     25g
卵       1/2個
牛乳      160cc

焼く前に塗る卵 1/2個 

でわ、さっそく、作ってみましょうかぁ!!!!!
1、 大きいボールに強力粉と塩を入れ真ん中に少し窪みを作り、そこに砂糖、ドライイースト、バター、溶いた卵を入れ人肌に温めた牛乳を入れ真ん中から少しずつ混ぜていき、全体を混ぜ合わせます。いいですね。

GOTOキッチン「ロシア旅行をご家庭に、ピロシキを作ろう!」

2、生地が1つにまとまったら、台の上にのせ生地をしっかり押し伸ばしながら15分くらいこねるのです。よっこらしょ。力仕事ですが、愛する人を喜ばせることを思えば苦ではありません。よっこらしょ。

GOTOキッチン「ロシア旅行をご家庭に、ピロシキを作ろう!」

3、生地が滑らかになったら1つに丸めてボールに移し、生地の上にふわっとぬれ布巾をかけラップをし、温かい所で1時間ほど発酵させます。さて、その間に具を作りますぞ。

具の方の材料になります。
牛肉     300g
玉ねぎ    中1個
白ワイン   1/2カップ
塩      小さじ1/2~
胡椒     適量
コリアンダー (生・お好みで)



4、フライパンにサラダ油をしき、牛挽肉を焼き付けながら炒めます。玉ねぎも加え一緒に炒め、白ワインを入れアルコール分が飛んだら、塩、胡椒で味付けし好みでみじん切りにした、コリアンダーを加えて出来上がりです。簡単ですね。簡単、簡単! 開けない夜は無いのです。登れない山もありません。あるか…。笑。

GOTOキッチン「ロシア旅行をご家庭に、ピロシキを作ろう!」

そして、ここからが仕上げの行程です。
5、1時間後、生地が2倍に膨らんだらボールから取り出し、16等分にします。

GOTOキッチン「ロシア旅行をご家庭に、ピロシキを作ろう!」

6、生地をきれいにまとめ、ラップをふんわりかけ、15分くらい休ませます。

GOTOキッチン「ロシア旅行をご家庭に、ピロシキを作ろう!」

7、生地を伸ばして具を包み形成する。伸ばすときのコツは、具を包んだときに底が分厚くなりすぎないように真ん中に厚みを残し、周りを薄めにすること。

GOTOキッチン「ロシア旅行をご家庭に、ピロシキを作ろう!」

GOTOキッチン「ロシア旅行をご家庭に、ピロシキを作ろう!」

GOTOキッチン「ロシア旅行をご家庭に、ピロシキを作ろう!」

8、溶いた卵を生地の上から丁寧に塗り200℃のオーブンで15~20分焼きます。

GOTOキッチン「ロシア旅行をご家庭に、ピロシキを作ろう!」

どうです、この焼き上がり。ほぼ、芸術的な域じゃないでしょうか? 香ばしい香り、そして、触感、ジューシーなお肉の風味、どれをとっても、よだれものです。焼きあがったら、お皿に並べ、みんなで手を伸ばして頬張ってみてください。モスクワ旅行に行けない、今だからこそ、ご家庭でピロシキ、最高ですぞ。ボナペティ!

GOTOキッチン「ロシア旅行をご家庭に、ピロシキを作ろう!」

GOTOキッチン「ロシア旅行をご家庭に、ピロシキを作ろう!」

GOTOキッチン「ロシア旅行をご家庭に、ピロシキを作ろう!」



自分流×帝京大学
第4回新世代賞 作品募集中