JINSEI STORIES

GOTOキッチン「意外なおいしさ、日本式のクスクス」 Posted on 2020/09/13 辻 仁成 作家 パリ

クスクスというのはアラブ圏の料理でして、フランスでも美味しいクスクスのレストランが数多くありますが、豚のクスクスを出す店はありません。イスラム教の世界では豚を食べることは禁じられているのです。通常、クスクスは羊で作りますが、豚バラ大根のこっくり煮が大好きなぼくは、ある日、豚でやったらどうなるだろう、と思って試したところ、驚くほどに美味しかったのです。大根や蕪も入ってますから、なお、完璧です。今日はこのおきて破りな豚バラクスクスを御指南したいと思います。日本だと羊が手に入りずらいですから、クスクスという概念にとらわれず試してください。アリッサは最近、日本でも手に入ります。でも、見つからない場合は唐辛子ペースト系であればなんでも大丈夫です。

GOTOキッチン「意外なおいしさ、日本式のクスクス」



さて、まずは材料となります。
豚かたまり肉(バラ肉でもいいですよ)、300g
玉ねぎ、1個
にんじん、小2本
じゃがいも、3個
かぶ(大根でOKですよ)、大2個(大根ならば半分とか)
長ネギ、1本
トマト水煮缶、1缶
トマトペースト、大さじ1
鷹の爪、1本
クミン、少々
ウコン、小さじ1
パプリカパウダー、小さじ1
固形ブイヨン、1個
アリッサ(なければ、唐辛子ペーストでいいですよ)、小さじ1
クスクス(あの、なければ、玄米とかでいいですよ)、2カップ
オリーブ油、大さじ1
塩、少々
みりん、大さじ1
サラダ油
塩、胡椒。以上です。

GOTOキッチン「意外なおいしさ、日本式のクスクス」



さて、じゃあ、作ってみマシう。
まず、トマト缶のトマトは細かく切り、その他の野菜は一口大に切っておきます。煮込み鍋にサラダ油(大さじ1)をひき、一口大に切った豚肉に焼き色が付くように強めの火で焼いてください。肉に焼き色がついたら中火にし、タネを取って細かく切った鷹の爪、クミン、ウコン、パプリカパウダー、トマトペーストを加え肉とよく絡ませます。

GOTOキッチン「意外なおいしさ、日本式のクスクス」

GOTOキッチン「意外なおいしさ、日本式のクスクス」



そこに野菜を加えひたひたになるまで(800ml位)の水を入れ、固形ブイヨン、醤油、みりんも加えて野菜が柔らかくなるまで約1時間ほどアクが出たら取りながら煮込み塩胡椒で味を整えます。クスクスはフライパンに2カップの水を入れ、沸騰したら塩を少し加えクスクスを加えたら火を止めてダマにならないよう木ベラで2分程かき混ぜオリーブ油を加え混ぜてなじませればOK!

GOTOキッチン「意外なおいしさ、日本式のクスクス」



皿にクスクス、肉、野菜を盛り、スープをたっぷりかけ、好みでアリッサを添えれば完成です!!! 辛い味の大根豚バラこっくり煮なんですけど、超新鮮な味わい、ぜひ、ご家族でご堪能ください。ボナペティ!

GOTOキッチン「意外なおいしさ、日本式のクスクス」

自分流×帝京大学
第4回新世代賞 作品募集中