PANORAMA STORIES

パリ最新情報「静かなパリ祭」 Posted on 2020/07/14 Design Stories  

今日、7月14日は「パリ祭」です。フランスでは「キャトーズ・ジュイエ」と呼ばれていますが、訳するとまさにそのまま「7月14日」となります。フランス共和国の成立を祝う日、革命記念日なのです。コンコルド広場に大きな観客席が設置され、通年であれば5000人の観客が招かれますが、コロナの影響でソーシャルディスタンスを保って1400人くらいに絞られました、今年は医療従事者とスーパーのレジ係さんとかロックダウン中に頑張ってくれた方々をお招きしたようです。

パリ最新情報「静かなパリ祭」

パリ最新情報「静かなパリ祭」

パリ最新情報「静かなパリ祭」



11時過ぎからフランスの空軍による空上パレードが華々しく行われ、パリ市内各地で市民がそれを見上げました。コンコルド広場にはマクロン大統領をはじめ政権の閣僚、海外からの国賓などが集まり、フランスの祝日を祝いました。WHOのテドロス事務局長も招かれました。

パリ最新情報「静かなパリ祭」

パリ最新情報「静かなパリ祭」



12時ちょうどにフランス軍のアクロバット飛行チームがコンコルド上空に美しい虹の煙のラインを描きました。空軍のパレードの中には、コロナ感染爆発時に、感染者を運んだ大型輸送機なども登場しました。今年は大勢の国民が犠牲になった方々への弔意、医療従事者への感謝をこめて、白い煙が多くつかわれたということです。市内各地の広場に集まった家族連れは静かに空を見上げていたのが心に残りました。夜は例年通りの花火大会がありますが、無観客の花火大会になる予定です。今年のパリ祭は、コロナで大変だったこの春を振り返る、とっても静かなパリ祭になるようです。

パリ最新情報「静かなパリ祭」

自分流×帝京大学
第4回新世代賞 作品募集中

Posted by Design Stories

Design Stories

▷記事一覧

デザインストーリーズ編集部(Paris/Tokyo)。
パリ編集部からパリの情報を時々配信。