PANORAMA STORIES

「ワイン好き集まれ! 話題のワイン研究家、杉山明日香、登壇!」 Posted on 2020/12/07 Design Stories  

ワインが好きだけど、まだ、よくわからない。
ワインのことをもっと知りたい。
もっと美味しくワインを飲んでみたい。
どういうワインとどういう料理を組み合わせると美味しくなるのか、知りたい。
ワインの知識や素晴らしさをもっと知るには、まずは話術にも長けたこの方がおすすめ!

河合塾では長年カリスマ講師でもあり、理論物理学博士にして、話題のワイン研究家、杉山 明日香(すぎやま・あすか)さんに、12月27日の地球カレッジを目前に、取材をさせて頂きました。
数々のワインに関する書籍の発行、主宰されるワインスクールは大人気、西麻布とパリにワインと日本酒とシャンパンの専門店もプロデュース、どの店も愛好家に愛され、今、一番ホットなソムリエが、12月27日、地球カレッジに登壇いたします。
いったい、杉山明日香さんってどんな人? 

杉山明日香に聞いた「ワインをもっと知りたい!」

「ワイン好き集まれ! 話題のワイン研究家、杉山明日香、登壇!」



物心ついた時からなぜか数字が大好きで、おままごとよりも積み木やLEGO、計算ドリルなどを楽しんでいて。車に乗っている時は、前を走る車のナンバーを足したり引いたりしてどんな数字ができるか、という自分だけのゲームで遊ぶ、ちょっと変わった子供だったかと思います。
だからか、学んだことを人に教えることが大好きで、かつ上手だったので(笑)、小学校高学年の頃には従妹や近所の子の家庭教師をやってました。おせっかいな性格も『教える』ということに向いていたのかもしれません(笑)。河合塾でこんなに長く講師をやれたのも、いわゆる「カリスマ講師」なんて呼ばれ方をするようになる、その片鱗がそのころすでにありました。



その後大学・大学院では理論物理学を専攻して、ガッツリ学問をする傍ら、夜はリフレッシュを兼ねて大好きなワインを楽しむ日々を送ることになります。また、『教える』ことも続けたいし、そのスキルにも自信があったので、家庭教師の他、大学院生の時から、現在に繋がる河合塾で数学講師の仕事を始めました。

地球カレッジ

「ワイン好き集まれ! 話題のワイン研究家、杉山明日香、登壇!」



食事とお酒を楽しむことが大好きな家で育ったこともあり、学生時代からありとあらゆるお酒を飲んでいました。ワインなら1日最低1本飲むと決め、同じ品種での飲み比べ、とか…。ウイスキーなら一つの醸造所のもので飲み比べ、という感じで。「同じ属性なのにこの違いはどこから来るの?」とひたすら楽しみながらも追求して…。今思えば体育会並みにガッツリ取り組んでいましたね。

「ワイン好き集まれ! 話題のワイン研究家、杉山明日香、登壇!」

予備校講師業をメインとしていた時代、仕事が終わるのは夜10時すぎだったのですが、そこから美味しいワインと食事が楽しめるお店があまりなくて。「夜遅くても本当に美味しくて、楽しめるお店があったらいいな…、でもないなら自分がやればいいか」、と13年前にオープンさせたのが西麻布の“Goblin”です。

お客様もワインのプロの方が多いのでお店のスタッフにも全員ソムリエの資格を取得してもらおうとワインスクールに通ってもらったら、皆試験に落ちちゃって…。これはもしかしたら自分が教えた方が早いな、と思って近所の飲食関係の知り合いも誘って、ソムリエ試験対策の講義をしたら、生徒さんの9割以上が合格!

「ワイン好き集まれ! 話題のワイン研究家、杉山明日香、登壇!」



このノウハウはちゃんと広めないと、と思って翌年にワインスクール“Asuka l’ecole du Vin”を開校しました。そこで試験範囲を把握したうえでテキストを自作していたのですが、これ、今では『受験のプロに教わるソムリエ試験対策講座』として毎年出版しているんです。ソムリエ試験対策本としては一番人気、(笑)。

いずれも 「ないなら私がやろう!」から始まったものです。基本大らかな性格ですが、こだわりたいところでの妥協はしたくないタイプなので、自分で納得できる形になったもので楽しんでほしい、学んでほしい、という思いが強く…。フランスのワイン生産地を訪問する中で出会った生産者さんのお人柄やワインの中で“これは!”と惚れ込んだものを自分の手で日本に紹介したくて、ワインの輸入業も始めました。



 そうして日仏を往復する生活になって、渡仏時には毎回ワイン生産者を訪れて交流する中で、自然に彼らを日本にお迎えすることも増えて。これが発展してパリに“ ENYAA”をオープン。お店でご提供する日本酒は、私自身がセレクトし、フランスへ輸出しています。

 日本酒でもワインでも、食事との組み合わせ=マリアージュの可能性は無限大で、これからもその美味しさ、楽しさを広めていきたいと思っています。どんな香りがあって、どんな料理に合うのか。細かく言葉で説明しないと魅力は伝わりにくく、「言わなくても、飲めばわかるでしょ」ではダメ。偶然が生む素晴らしさや楽しさももちろんありますが、やはりそこはきちんと体系立てて、ポイントとして把握することで、みなさんが日々の暮らしにも取り入れて楽しんでいただけるといいですね。日仏間でワインのマリアージュ、日本酒のマリアージュを紹介する中で大切なのは、味や香りという抽象的な感覚を私の言葉できちんと伝えることだと思っています。



東京ではワインやシャンパーニュの生産者さん、パリでは日本酒の造り手さんをそれぞれお招きして、実際にお酒のビハインドストーリーなどをお伺いしながら食事をする“メーカーズ・ディナー”といった主旨のイベントやパーティも行っています。私もマリアージュのポイントについて説明をするので、参加者の方はフムフムと納得しながら飲んで、食べて、学んで…と、大好評のイベントです。

私自身、「知るとさらに楽しい!」ということが幼い頃から自分の中に根付いているようで。だから、好きになったらとことん知ろうとする習性があるんです。ワインも日本酒も料理も、どういう素材でどう作られたかを知った方がやっぱりより楽しいし、ずっと美味しくなるんですよ。同じようなカタルシスを多くの人に感じてほしいです。

12月27日の地球カレッジは、辻仁成がパリ一区のパレロワイヤルにあるレストラン「ENYAA Sake&Champagne」まで出向き、杉山明日香さんと向き合って、講座を開催する予定です。
杉山先生によるワインの基礎知識講座を受講されたい皆さんは、以下より、ご参加お願いします。

杉山明日香x辻仁成 「もっとワインを知りたい!」2020.12/27(Sun) 19:30open 20:00start〜


チケットのご購入はこちらから

*定員になり次第、締め切らせていただきます。
 

「ワイン好き集まれ! 話題のワイン研究家、杉山明日香、登壇!」



杉山明日香、プロフィール
東京生まれ 唐津育ち 理論物理学博士・ワイン研究家
ワインスクール「ASUKA L’ecole du Vin」を主宰するほか、ワイン、日本酒の輸出入業を行う。また、東京・西麻布でワインバー&レストラン「ゴブリン」を、続いてパリでレストラン「ENYAA Sake&Champagne」をプロデュースするなど、ワインや日本酒関連の仕事を精力的に行っている。
著書に『受験のプロに教わる ソムリエ試験対策講座』『受験のプロに教わる ソムリエ試験対策問題集』『ワインの授業 フランス編』『ワインの授業 イタリア編』『おいしいワインの選び方』『ワインがおいしいフレンチごはん』(飯島奈美との共著)など。有名進学予備校で数学講師として長く教鞭をとっていることから、伝え、教える手腕は高い評価を得ている。

自分流×帝京大学

Posted by Design Stories

Design Stories

▷記事一覧

デザインストーリーズ編集部(Paris/Tokyo)。
パリ編集部からパリの情報を時々配信。