地球カレッジ DS EDUCATION

5月29日、「辻仁成の人生がちょっと豊かになる気まぐれ文章教室、人生最大の失敗、エッセイ編」 Posted on 2022/04/26 Design Stories  

今年、4回目の辻仁成の文章教室のご案内となります。
前回は「購買」を通して人生の奥深さを考える「こんなもの買った」編のエッセイ教室でしたが、おおぜいの皆さんと熱気あふれる全力投球の講座になりましたね。

今回も、エッセイを書くことの楽しさ、そして実践、それから極意を辻が集中講義いたします。
課題提出期間はすでに終わりましたが、講義を聞くだけで、十分に、エッセイの書き方を学ぶことが出来ますので、文章力をもっとアップさせたい皆さん、ぜひ、ご参加ください。
今回は、これまでの基礎編を復習しつつ、さらに実践的な書き方などを辻が講義する予定でおります。
書くことがより楽しくなる、実践的なエッセイ講義。
今回の主題は、
「人生最大の失敗」がテーマとなります。
どんな賢者であろうと、人生に失敗はつきもの、むしろ、失敗は成功のはじまり、でもあります。
たくさんの応募がありましたので、現在、辻仁成が熟読しております。

5月29日、「辻仁成の人生がちょっと豊かになる気まぐれ文章教室、人生最大の失敗、エッセイ編」

セミプロであろうと、アマチュアであろうと、ブログをやっている人であろうと、より読者の心に響く、届く文章を書いてみたい、と思う人は多いのではないでしょうか?
そういう皆さんに、作家生活30数年、講師辻仁成が、あんまり高くない場所から、皆さんと同じ気持ちで、取り組む、かなり自由な文章教室。
大学や専門学校などの学問的かつ高度な授業ではなく、リラックスしたムードの中、微笑みながら、肩ひじ張らずに楽しむことのできる教室にしたい、と本人は意気込んでおります。文章教室といいながら、人生教室でもあります。
エッセイの極意というのか、自然に上手に自分の気持ちを届けられる随筆の書き方、堅苦しいのことのない、自由でのびのびとした授業になると思われます。いつものことですが、笑いあり、涙あり、熱気あり、さらには、ちょこっと人生の感動を添えて・・・

題して、
辻仁成の人生がちょっと豊かになる気まぐれ文章教室「人生最大の失敗、エッセイ編」
2022年5月29日(日)20:00開演(19:30開場)日本時間・90分超予定の学びのツアーとなります。【72時間のアーカイブ付き】



5月29日、「辻仁成の人生がちょっと豊かになる気まぐれ文章教室、人生最大の失敗、エッセイ編」

「書くことは人生を豊かにします。生き生きとした日本語と向き合い、言葉の中にある言霊を通して、優しく逞しい人生を歩んでみたい。書くことで、自分を発見することが出来ます。書くことで誰かと喜びを共有することが出来ます。書くことで生きる意味を見つけることも出来ます。書くことは自分を知ることであり、世界と接続する偉大な道でもあります。書くことの喜び、幸せを一緒に学んでいきましょう。ぜひ、ご参加ください」

           辻仁成



辻仁成の人生がちょっと豊かになる気まぐれ文章教室「人生最大の失敗、エッセイ編」
2022年5月29日(日)20:00開演(19:30開場)日本時間・90分を予定のツアーとなります。【72時間のアーカイブ付き】
※アーカイブ視聴URLは、終了後(翌日を予定)、お申込みの皆様へメールにてお送りします。
※課題の受付は終了しております。

この講座に参加されたいみなさまはこちらから、どうぞ

チケットのご購入はこちらから

5月29日、「辻仁成の人生がちょっと豊かになる気まぐれ文章教室、人生最大の失敗、エッセイ編」

※ 三四郎も聴講生として参加いたします。授業を邪魔することはありませんので、ご安心ください。



追記
人生百年時代と言われていますが、百年も一体何をして生きていけばいいのか悩んでいる皆さま、ぜひ、熱き好奇心母船、地球カレッジ号にご乗船ください!
どうせ生きたこの世界だ、とことん自分を突き詰めて見たい、と思われている皆さん、ぜひ、ご参加ください。
毎月、世界各地から「終わりのない好奇心の旅」をお届けします。面白き事なきこの世を、面白くさせたい。

地球カレッジ号、新世界へ向けて、出発!

5月29日、「辻仁成の人生がちょっと豊かになる気まぐれ文章教室、人生最大の失敗、エッセイ編」

5月29日、「辻仁成の人生がちょっと豊かになる気まぐれ文章教室、人生最大の失敗、エッセイ編」

自分流×帝京大学

5月29日、「辻仁成の人生がちょっと豊かになる気まぐれ文章教室、人生最大の失敗、エッセイ編」





posted by Design Stories

Design Stories

▷記事一覧

デザインストーリーズ編集部(Paris/Tokyo)。
パリ編集部からパリの情報を時々配信。