PANORAMA STORIES

パリで生きるファッションデザイナーとしての決意Posted on 2017/06/05

渡仏したのは1998年、フランスがワールドカップで優勝した年だった。 ついこの間のような…

Posted by 佐藤 康司

21世紀のアラブ皇室は、革新的でファッショナブルがキーワードPosted on 2017/05/29

幼い頃みたディズニー映画「アラジン」に出てくる、ジャスミン姫。 一度は王宮を脱出したが失敗し、その後ア…

Posted by 川端 芽衣

パリでタイユールとして生きていくこと  <ヨーロッパでタイユールを学ぶ若者に伝えたいこと>Posted on 2017/01/04

私たちのアトリエでは、私を含め現在4人の職人と日本からの研修生1人、合計5人で日々スーツを仕立てています。…

Posted by 鈴木 健次郎

ユニフォームとワークウェア:パリファッションの新潮流Posted on 2016/11/30

9月末から9日間に渡って開催された2017年春夏パリコレクション。 パリ市内各所でランウェイショーが行…

Posted by 清水 友顕

パリでタイユールとして生きていくこと <生地からのインスピレーション>Posted on 2016/11/22

こんにちは。 前回書いてからもう3週間が過ぎてしまいました。 この1ヶ月は怒…

Posted by 鈴木 健次郎

ハイファッションの次なる存在としての古着・ヴィンテージPosted on 2016/11/09

ファッション業界の中でも、とりわけハイブランドと接する機会が仕事上多いが、ここ20年もの間、毎シーズンのようにパリ…

Posted by 清水 友顕

パリでタイユールとして生きていくことPosted on 2016/10/21

初めまして。パリでタイユール(Tailleur)をしている鈴木健次郎といいます。 フランスには2003…

Posted by 鈴木 健次郎