欧州最新情報

パリ最新情報「ギャラリーラファイエットの屋上ベジタリアン」 Posted on 2021/09/15 Design Stories  

ここ数年、パリではルーフトップが賑やかだ。
ルーフトップバー、ルーフトップシネマ、さらには屋上を利用してイベントやレセプションを企画したりと、太陽を愛するパリジェンヌたちの憩いの場となっている。

古い建物が多く、ビルの屋上というスペースを持つことがとてつもなく贅沢なパリ。
9月の新年度が始まって、あわただしい生活を送るパリジェンヌたちはこの秘密基地のようなルーフトップに癒しを求めて集まりだした。

心地よい風に吹かれながら、パリの風景を思う存分堪能できるのがルーフトップの魅力なのだが、360度を見渡せる空中レストランはここクレアチュールだけかもしれない。

パリ最新情報「ギャラリーラファイエットの屋上ベジタリアン」

地球カレッジ

クレアチュールとは、パリの老舗デパート、ギャラリーラファイエットの屋上にあるベジタリアン・レストラン。ヨーロッパでも最大級の売り場面積を誇るギャラリーラファイエットに新しい風を吹き込んでいる。

2019年の夏、期間限定でオープンしたクレアチュールは、ギャラリーラファイエットで行列をなすルーフトップレストランとして話題になった。その後惜しまれつつ閉店となったが、あまりの評判の良さに、コロナ禍にもめげずこの夏カムバック。

パリ最新情報「ギャラリーラファイエットの屋上ベジタリアン」



https://www.instagram.com/p/CCAuGOpJMYP/
出典:creatures公式インスタグラムより

シェフ兼オーナーのジュリアン・セバッグ氏は、クレアチュールの他にパリで2店舗のレストランを経営する。自身もベジタリアンで、「野菜の持つパワーを感じてほしい」と意気込む新進気鋭の花形シェフである。

メニューは至ってシンプル。12種類の創作料理が並び、ブランチ、ランチ、カフェ、ディナーと、どのシチュエーションにも対応できるアラカルトメニューとなっている。

イチゴとフェタチーズのサラダ「Strawberry Field Forever」や、茄子をボートに見立てたオリジナルプレートの「The Boat That Rocked」が特に人気だという。
色とりどりで夏らしい地中海風のメニューは、タパスのようにみんなでシェアして楽しみたいサイズで、もちろん100%ベジタリアン。

パリ最新情報「ギャラリーラファイエットの屋上ベジタリアン」



そのどれもがエンターテインメント性に富んだプレートで、まず、視覚が満足する。フレンチならではの見た目の美しさと、アペロ的なカジュアルさが合体した、ちょうど「欲しかった」ところを実現したメニューだ。

ベジタリアンとはいっても、チーズやヨーグルトをふんだんに盛り込んでいるので物足りなさは全く感じない。ベジタリアンやヴィーガン人口がどんどん増えているパリでは、このようなレストランが最先端のトレンド発信地となっている。

エッフェル塔やオペラ座をはじめ、モンマルトルのサクレクール寺院まで一望できるクレアチュール。ワインやビールより、オリジナルのカクテル片手に軽い料理を、という楽しみ方が似合っているかもしれない。パリの絶景を眺めながら味わう一杯はまた格別で、時が止まったかのような感覚にさせてくれる。

パリ最新情報「ギャラリーラファイエットの屋上ベジタリアン」



クレアチュールの人気メニューである「Strawberry Field Forever」は、2019年から続く定番メニュー。本来はイチゴとフェタチーズ、ミント&バジルといったサラダプレートなのだが、この日はイチゴが終わってしまったということで急遽ピーチに変更となった。

クセのあるフェタチーズをピーチの甘さがフォローしていて、実はイチゴよりも合うのでは?といった新たな発見も。女性なら誰しもが「毎日食べたい」といった美味しさと可愛らしさで、ワンパターンになりがちな家庭のサラダレシピにこのアイデアを加えたくなった。
ミントやバジルの葉っぱは、サラダほうれん草に変えても良いかもしれない。

パリ最新情報「ギャラリーラファイエットの屋上ベジタリアン」



パリ最新情報「ギャラリーラファイエットの屋上ベジタリアン」

デザートメニューで好評なのは、ギリシャヨーグルトのレッドベリー添え「Global Deconstruction of Crumble」。どの食材も身体が喜ぶものばかりで、他のスイーツと比べて罪悪感がない。こってりとしたデザートが苦手な方はこういったメニューがありがたい。

クレアチュールはパリでは珍しい定休日なし、昼休憩なしのレストラン。ただ、お店の状況次第で夕方は一時クローズといったフランス時間が流れることもあるので、パリを訪れる際はどこのレストランも事前確認をした方が良さそうだ。

この屋上ベジタリアンは、2019年、2020年と同じように10月頃までの期間限定レストランだが、これだけの評判ならシーズン4、シーズン5もあり得る。世界中から美食家が戻る頃には、もしかしたら「常設レストラン」としてパリのどこかのルーフトップに現れるかもしれない。

パリ最新情報「ギャラリーラファイエットの屋上ベジタリアン」



テラスから眺めるサンセットは息をのむほど美しく、訪れた人はみなその手を止めてしまうほど見入っていた。野菜からも景色からもパワーをもらえるクレアチュールは、パリの話題スポットとしてその名を馳せている。このすばらしい風景が、大切な人との時間をさらに素敵なものにしてくれるだろう。(大)

Créatures
Galeries Lafayette Paris Haussmann 25, rue de la Chaussée d’Antin
12時~0時
定休日なし
ランチのみ予約可能
www.creatures-paris.com

自分流×帝京大学
新世代賞作品募集