JINSEI STORIES

退屈日記「三四郎のトレンチコートが届いた。冬のコーデ!え? どうでもええ?笑」 Posted on 2023/12/07 辻 仁成 作家 パリ

某月某日、「あまぞーん」
ということで、楽しみにしていたさんちゃんのレインコートが届いたのだった。
本格的な冬を前に、防寒着でもあり、雨や雪をはじくコートをきせてやりたかった。
犬ともの会の中でも、ミニチュアダックスフントを飼っている通称「ダックスの会」というのがあって、父ちゃんの家の周辺に住んでいるダックス仲間で構成されているのだが、この「ダックスの会」で話題になっているのが、ミニチュアダックス専門服屋さんなのである。(ちょっとメーカーの名前は忘れたけれど)
ルルちゃんのママや、ウッディのお父さんに、すすめられ、ついに我が家もそのメーカーのレインコートを買ったので、ぜひ、御覧いただきたい。
何がすごいかって、中が防寒になっているのと、尻尾の先までコートがあって、大雨でも、尻尾が濡れないという、優れものなのであーる。ダックスあるある~。
じゃじゃじゃーん!☜いらんわ、とか言わないで。笑。

退屈日記「三四郎のトレンチコートが届いた。冬のコーデ!え? どうでもええ?笑」

退屈日記「三四郎のトレンチコートが届いた。冬のコーデ!え? どうでもええ?笑」



どうじゃ、すごいじゃろう。
ミニチュアダックスフントの体系を熟知したミニチュアダックスフント専門店だからこそ、作ることのできる、この細やかなデザイン。
「さんちゃん、かわいいぞよ」
「ふんふんふん」
「え?」
どうやら、本人的には、動きにくいみたいである。
でも、雨の日はこれがないと、ぴっぴとぽっぽ(おしっことうんち)しに行けないので、かわいそうなのだ。
防寒レインコートさえあれば、この寒い冬の雨雪の日も乗り越えることができる、というものである。
そのうえ、この専門店では、レインコートを買うと、なんと、セーターが付いてくる。(ブラックフライデーに買ったので)
色は選べないが、サイズは同じものが送られてきた。
このおまけのセーターが実にかわいかったので、親ばか父ちゃんは着せて写真を撮影したのであーるぬーぼー、ぼじょれーぬーぼー、しまった。ボルドーじゃなかった!(最初から大使失格~)
ぜひ、こちらも御覧いただきたい。
どうじゃー。あはは。

退屈日記「三四郎のトレンチコートが届いた。冬のコーデ!え? どうでもええ?笑」

退屈日記「三四郎のトレンチコートが届いた。冬のコーデ!え? どうでもええ?笑」



ということで、これからの超寒い季節、防寒具にもなり、雨風もよけ、魔除けにもなり、大雪の日にも野を駆け巡ることができる、このかっちょいいレインコートのご紹介であった。
ほぼ、甲羅がにのような三四郎だけれど、あたたかい、濡れない、にこしたことはないので、よかろう。それに、なんかダンディーだし。犬子にも衣裳。笑。
雨の日は、ルルもウッディもこれを着て、ダックスの会、盛り上がることになるのである。
雨が楽しみになる犬着のご紹介でございました。
えへへ。

つづく。

今日も読んでくれてありがとうございます。
ところが、ここのところ、快晴が続いており、今のところこの防寒コートを着て出かける機会がありません。皆さん、雨を待ちましょう。雨の日にも、楽しみがある、素晴らしいことですね。人生、山あり谷あり、谷底にいるときにこそ、楽しめる人生を準備していく、父ちゃん流であります。
さて、そんなさんしーおし父ちゃんが村長をつとめるツジビルこと辻村(オンライン・コミュニティー)では村民を募集中です。春には辻村祭り(ライブ)もやるし、クリスマス・イブにも、イベントを計画中です。詳しくは下のTSUJIVILLEのバナーをクリックしてみてくださいませ。めるしー。

TSUJI VILLE

退屈日記「三四郎のトレンチコートが届いた。冬のコーデ!え? どうでもええ?笑」



自分流×帝京大学