JINSEI STORIES

滞仏日記「離婚で苦悩するママ友とディナー、離婚相談所所長の父ちゃん、大忙し」 Posted on 2024/02/08 辻 仁成 作家 パリ

某月某日、お子さんがけっこう大きくなり、上の子は大学生(息子と同じクラスでした)、下の子も、もうすぐ大学受験を控えているママ友のアンヌマリー(仮)から呼び出され、ぼくの行きつけのレストランで、食事をしながら、相談にのった。
コロナ禍のあと、この手の相談をよく受ける。
あなたは子育てもリスペクトできるし、離婚の経験があるから、という理由で、話をきいて、と言われることが多い。
「なんで今?」
「それはね、今だからよ。コロナで悩んで、今、決断しようとしているの」
「なるほど」
「夫が家にいて、テレワークが増えて、でも、考えちゃったのよ。共働きだし、私もここから、もうちょっと自分のために時間使いたいし」
実は、そういう人が周囲に多いのだ。で、一人になるとどうなるのか、問題点とか、確認したくて、よく、相談を受けるのである。
結婚相談所ならぬ、離婚駆け込み寺、みたいな父ちゃんなのだった。

滞仏日記「離婚で苦悩するママ友とディナー、離婚相談所所長の父ちゃん、大忙し」



「ぼくの場合は息子が10歳だったからね、それ以降は、子育てがあったので、一人でもやってこれたけれど、息子が巣立った今、世話をすることがなくなると、自由っていうのが、実に、不自由に感じて、だからか、犬をかうことに」
「なるほどね」
「でも、犬はいいよ。犬の世話を通して違う世界が見えてくる」
「わたしは動物が苦手、面倒はもう子供だけで十分だから」
「ま、それもわかる」
アンヌマリーは、ちょっとイライラしていたので、ぼくは別の友だちの話をしたのだった。
「君は知らないと思うけれど、同じクラスの子のお母さん、離婚前はきつそうな顔をしていたけれど、離婚をした後、めっちゃ穏やかになっている。そういう人、何人かいるよ」
「それは朗報ね」
「みんな口をそろえて、自分を取り戻した、と言ってる」
「自分を取り戻す、いい響きね」
アンヌマリーの口元が緩んだ。
「でも、なかなか、踏ん切りがつかないのも事実で、でも、子供たちも来年以降、みんな大学生になるから、ちょうどいいタイミングかなと思って。心はほぼ決まっているのよ」
自分を取り戻す、と女性たちが言うのだが、フランスのマダムたちも結婚をしている期間、何か我慢をしていたことがあったのだろうか?
世界最強のマダムたちでも、人間にかわりはない・・・。
「ご主人に浮気でもされたの?」
「なんにも、彼は別にどこも悪くない」
「じゃあ、問題ないじゃない」
「でも、なんにもないのでいいのか、悩んだの。たぶん、私は子育てのせいで、失った自分のやりたかったことがああって、そのこと、夫には相談できなかった。その時に、気が付いたの。なんで、彼に相談できないんだろうって。そういえば、妻と母としてしか誰も見てくれてないじゃないって」
「なるほど」
「もうすぐ、50歳になるから、アクションを起こすなら今だなって」
「でも、結婚していても、アクションを起こせるでしょ?」
「なんの? 恋とかできないでしょ?」
「そりゃあ、そうだけれど、ご主人と愛を確かめ合うとか、やり直すことは考えないの?」
「別々の寝室で寝て10年、友だちみたいで、子供たちのことしか話題がなくて、たまに、どうでもいいような映画を観に行くことくらいしかない。つまり、もえないの」

滞仏日記「離婚で苦悩するママ友とディナー、離婚相談所所長の父ちゃん、大忙し」



「もえないのか。もえなくてもいいと思うし、ぼくからするとそういうパートナーがほしいなと思って生きているから、信じられないくらい贅沢な悩みだと思うけれど」
アンヌマリーのご主人とはPTAの会合とかで何度か会ったことがある、無口なお医者さんなのだ。趣味はないらしい。浮気をするような人には見えないけれど、謎めいたところも多少あるので、でも、フランスの男だから、何かがあってもおかしくはない、かもね・・・推測だけれど。
「で、彼とは話をしたの?」
「軽く」
「なんだって?」
「そういう方法もあるよねって、言ったわ」
ぼくらは噴き出した。実にフランスらしい、回答であった。
「とりあえず、焦らず様子みたら、急ぐことでもないなら、準備だけしておけば」
「そうかな、私はきっと決めていると思う。ここでこうやって、あなたに話しているということは、ある種の決意表明のようなものかもしれない」
ということで、ぼくの足元でおとなしくしていた三四郎と目が合った。
「そろそろ、この子のトイレタイムだから、また、進捗、教えてね」
「うん、ただ、離婚となると、時間がかかるから、弁護士をお互いたてて、協議がはじまるので、私が自由になるのは来年以降かな」
ということで、アンヌマリーは、実にさっそうと帰っていったのであった。
ぼくは三四郎のリードをひっぱって、マイペースで夜の街を歩きながら、彼女の夫と子供たちと学校のイベントで笑顔を向け合ったときのことを思い出していた。
素晴らしい家庭に見えたのだけれど・・・。
みんないろいろとある。
離婚相談員のぼくから、適切なアドバイスは何もできなかったけれど、要は、自分の気持ちをぶつけられる壁のような存在が彼女は必要だったのかな、と思った。
事務所兼自宅に戻ると、日本の携帯に、知り合いの日本人のマダムから、「先生、離婚について相談をしたいのですが」とラインが入っていたので、びっくりであった。
やれやれ。相談所、開業しますか・・・。

滞仏日記「離婚で苦悩するママ友とディナー、離婚相談所所長の父ちゃん、大忙し」



人生はつづく。

今日も読んでくれてありがとうございます。
40代から50代にかけて、大きなうねりがあるようです。アンヌマリーは強い人なので、離婚に踏み切るのでしょうが、人それぞれで違いますからね、ぼくからはとくに意見は言わないことにしています。ぼくは、でも、今、とっても幸せです。失うものはもう何もないですし、息子も三四郎も、ぼくを愛し、健気に前向きに生きてくれているからです。
さて、今年の父ちゃんのスケジュールのお知らせですが、なりすましが問題になっているので、最初にひとこと、父ちゃん作家、フェイスブックはやっておりません。なりすまし偽辻に、要注意、お願いします。
・新しいデザインストーリーズのインスタ、はじめました。まだ、これからですが、応援ください!!!
https://www.instagram.com/designstories_paris?igsh=cHlpdGFvdWkyYmdj&utm_source=qr
・ジャパンストーリーズのインスタも同じくやり始めました、まだまだ、新米ですが、動画をアップしていきます。当スタッフ一同にて。
https://www.instagram.com/japan.stories?igsh=MTA2dWFjODdsZnNrZA%3D%3D&utm_source=qr
●小説「十年後の恋」集英社文庫版が1月19日全国発売。
●小説「東京デシベル」がイタリア、Rizzoli社から刊行されました。
●2月28日から、新宿伊勢丹のアートギャラリーで個展.
●3月3日、両国国技館、ギタージャンボリー出演。(検索ください)
●3月6日、ツジビル・ライブ(SOLD OUT)
●4月19日、ロンドン、ライブ。詳細はこちらから☟

https://www.eventbrite.co.uk/e/2gz-tsuji-and-hide-live-japanese-music-in-london-tickets-790578039197?aff=oddtdtcreator

●6月30日、パリ・ライブ決定(詳細、待って)
●7月3日、リヨンでライブ!!!
以上です。
※ツジビル(辻村)では村人を募集中、イベントがいろいろあるよ。☟☟☟

TSUJI VILLE

滞仏日記「離婚で苦悩するママ友とディナー、離婚相談所所長の父ちゃん、大忙し」



☟☟☟
自分流×帝京大学