DS EDUCATION

第4回アート&デザイン新世代賞の募集が始まりました。 Posted on 2020/07/16 Design Stories  

第4回アート&デザイン新世代賞の募集が始まりました。

 
第4回新世代賞までの道のり
  
この賞はDesignStoriesとともに歩んできたもので、DesignStoriesの中から生まれた子供のような存在でもある。これまで幾度とこれ以上続けられないかもしれないという状況に陥ったことを告白しないとならない。しかし、その都度、学生たちの未来に向かう笑顔に背中を押され、気が付けば、今年で4回目を迎えることが出来て、いちばんびっくりしているのはこのぼくなのだ。第1回目はお金もなく、受賞パーティも表彰式もちゃんとしてあげることが出来ず、お借りした大学講堂の控室で手作りの賞状を受賞した3人に手渡した。あの時の手作りの感動が結局4年も続いていることになる。第2回の受賞パーティは由比ガ浜のホテルで行われ大勢の若者が詰めかけ、ぼくは彼らに包囲されて遅くまで議論を戦わせることになった。あの感動が結局またこうやって新たな扉をノックしてくれた。第3回はお恥ずかしい話し自己資金も尽きて、もうできないか、と思いかけていたところを友人らに助けられ、結局、蓋を開けてみれば多くの作品に恵まれ、これまた素晴らしい新人を輩出することが出来た。しかし、その直後のこのコロナの出現で、年明け早々、スタッフからは「今年は無理でしょう」と言われてしまう。けれども、その中に「いや、辻君、こういう時代だからこそやりましょう」という声があがり、ぼくらはまたしても荒波に船をこぎ出すことになった。ぼく自身、こういう時代だからこそやる価値があると思っていた。そうだ、コロナの時代だからこそ、やる価値があるのだ! コロナはこうやって人間と人間を遠ざける悪魔なのである。それに負けないために表現や芸術がある。やらなければだめだ、とぼくはまたしても奮起した。コロナ禍だからこそ、英知を結集して、人間らしく寄り添う決意を根本に持つ賞を目指したい。DesignStoriesがおくるこの新世代賞も原点に戻り、Designの可能性にStorieの広がりを組み合わせる大きな賞へとつなげていきたいと思っている。Designの力が今、試されている。苦しい時こそ豊かなStoriesがぼくらには必要なのだ。必ず、この時代を乗り切るためのヒントがあるはずだ。どうぞ、この場所を踏み台にして、君たちの才能を開花させてもらいたい。この第4回新世代賞で拡大させてもらいたい。ぼくらは両手を広げて待っている。             

Design Stories主宰 編集長 辻 仁成
              

 

第4回アート&デザイン新世代賞の募集が始まりました。

 
■作品テーマ
「君がリデザインするアフターコロナのホテル」
今この時代だからこそ届けたい、あなたが描く新しい時代のホテルをデザインしてください。設計から、システムから、芸術的な面から、アプローチの仕方は自由です。建築に関する知識が乏しい、というあなたも、諦めずにそのイメージする世界を表現してください。
皆様一人一人の中にあるその発想に、私たちは未来の希望があると思っています。
・建築、設計、絵画、写真、グラフィック、立体作品など、表現方法は自由
 
■内容
今回の新型コロナウィルス感染症の流行により、この世界のあらゆる事象が大なり小なりそのレゾンデートル(存在理由)を揺さぶられました。たとえばそれば、日々の暮らしの中にあり、人々の暮らし生活は大きく変化せざるを得ませんでした。考えると「建築のあり方」についても深く考える時となりました。アフターコロナでは、人々が建物の中に集まること自体が新たなパンデミックを引き起こす潜在的な脅威となり得ることを世界中の人々が認識し、今後の建築のあり方が大きく変わらざるを得ないことに疑いの余地はありません。さらに限定するならば、「ホテル」というビルディングタイプです。人々の流動性自体に大きな制限が課された今、ほとんどのホテルで先の見通しさえ立っていないのが現状です。ホテルをリデザインするとはどういうことだろうか? 私たちは、世界が不確実であることが確実となってしまった(変な言い方ですが)今だからこそ、具体性への徹底的な集中からはじめて、そこからの力強い跳躍が必要なのではないかと感じています。レゾンデートルを激しく問われた既存のホテルを、若い世代ならではの発想、想像力でリデザインすることで、この世界の未来の姿を照射することまでも可能なのではないかと考えています。設計から、システムから、様々な角度から捉えたあなたが考えるアプローチをカタチにしてください。ホテル全体を捉えたものでも、例えばロビー周り、一部屋のデザインでもOKです。今この時代だからこそ届けたい、あなたが描く新しい時代のホテルのデザインを広く募集します。

■募集期間 
2020年7月17日(金)〜2020年10月17日(土)
※応募はデーター送付にて受け付けます。

■賞
・最優秀賞(1点):賞金 30万円
・優秀賞 (1点):賞金 10万円
・特別賞 (2点):賞金  5万円
※該当作なしの場合もあります。 
※新型コロナウイルス感染の影響を考え、今回は副賞である海外留学はなくなりました。
 
■審査員(敬称略・順不同)
辻仁成/Hitonari Tsuji(作家、Design Stories主宰、審査員長)
田根 剛/Tsuyoshi Tane(建築家)
島田成年/Narutoshi Shimada(起業家)
佐藤悌章/Yoshiaki Sato(シマダアセットパートナーズ株式会社)

■審査員プロフィール

第4回アート&デザイン新世代賞の募集が始まりました。

■審査基準
・デザイン性   
・アート性   
・ストーリー性
・アイデア性

■応募資格
2021年3月31日の時点において、アートやデザイン、建築関係の専門学校や大学(大学院)等に在籍している学生。または、学生ではないが、原則として、25歳以下の人で、アートやデザイン、建築関係の勉強をしている方。(26歳以上の方は事務局にお問合せください)

■応募方法
(1)事前にエントリー登録が必要です。
☞エントリー登録はこちらから
(2)下記提出物(3点)をPDFデーターにて指定アドレスまで送付のこと。
※10月17日(土)必着厳守!
(規定の応募方法以外での応募は全て不可)

■提出物
以下の3点をPDFデーターにて指定アドレス宛に送りください。

(1)コンセプトシート 
コンセプト1000字以内。作品が生まれた経緯や、制作意図を説明すること。
A4用紙を使用(縦横自由、書式自由)

(2)作品シート
表現は自由ですが、タイトル、設計コンセプトおよび作品全体のイメージがわかる方法でまとめること。
例えば、図面、断面図、立面図、パース、絵、スケッチ、模型写真、システムの説明などで構成。
A3用紙(表面)1枚にまとめること。

(3)応募用紙
☞ダウンロードはこちらから。
A4サイズに出力して記入。

■応募条件・留意点
●提出物の言語は日本語を使うこと(国籍は問いません)
●個人またはグループでも可
●複数応募可  
●作品は、応募者自身のオリジナルで、国内外未発表のもの
●他コンペへの二重応募は不可
●未成年者は、保護者の同意があること(入賞の際、同意を確認。同意がなければ取消しの可能性有)
●提出物は返却はいたしません。必ず控えをとってから提出してください
●その他、第4回アート&デザイン新世代賞の注意事項(応募用紙記載)に同意していること

■参加費 
・無料

■結果発表
・審査会:2020年 10月下旬(予定)
※受賞者にのみ審査会終了後、直接電話にて連絡をいたします。
※その他、審査に関するお問い合わせにはお答えできません。ご了承ください。

・結果発表:2020年11月上旬(予定)
※審査結果はウェブマガジン「Design Stories」誌上にて発表します。誌面掲載をもって審査結果の通知とさせていただきます。個別に審査結果を通知することはありませんので、予めご了承くださいください。よろしくお願いいたします。

■授賞式
・未定

■著作権について
・著作権は応募者に帰属する。ただし、主催者は応募作品の展示・発表、受賞者情報発表の権利を保持する。
・受賞作品がその後、何らかの形で商品化される場合、条件等は個別に話し合い、取り決める。

■主催 
Design Stories(デザインストーリーズ) 

■協賛 
S.H.ホールディングス株式会社
https://shimadahouse.co.jp/
シマダアセットパートナーズ株式会社
http://shimada-sap.co.jp/


■お問合せ・作品提出先 
第4回アート&デザイン新世代賞事務局(デザインストーリーズ編集部内)
E-mail:tokyo@designstoriesinc.com
 
 
以上

多くの皆様の作品を、楽しみにお待ちしています! 

アート&デザイン新世代賞事務局
               

 



posted by Design Stories

Design Stories

▷記事一覧

デザインストーリーズ編集部(Paris/Tokyo)。
パリ編集部からパリの情報を時々配信。