DS EDUCATION

第3回アート&デザイン新世代賞 受賞記念パーティそして作品展開催へ! Posted on 2020/02/11 Design Stories  

2020年某月某日、第3回アート&デザイン新世代賞の受賞者を囲む受賞記念パーティが西麻布のレストラン「ココノマ」にて行われた。出席者は、審査員の俵万智さん(歌人)、島田成年さん(起業家)、そして辻仁成(審査員長)。受賞者からは最優秀賞の水口麟太郎さん、特別賞の緋桃香さんと眞鍋美祈さん。そして奨励賞の小河原美波さんの4名。もう一人の奨励賞、池田愛さんは帰省中のため、残念ながら不参加となった。

会場となったココノマは六本木と西麻布の間に建つホテルの一階にあるレストランだ。ホテル周辺にも感性を刺激するようなモノや場所が溢れ、日常がアップグレードされて行くような不思議な感覚を覚える。ココノマもまた、随所に個性的なデザインが施されアート感覚満載。店内はどこか美術館に踏み込んだような印象を与えた。
 

第3回アート&デザイン新世代賞 受賞記念パーティそして作品展開催へ!

第3回の募集テーマは令和ということでその中心に「言葉」を据え『時代の言の葉、言葉のデザイン』となった。ただ、テーマの幅が広過ぎ、ポイントを絞りきれなかった感があったようにも思う。集まった応募作は文学賞寄りの作品が多く、その一方で、アートやデザイン的な作品は少ない結果となってしまった。しかし、作品の審査をしながら感じたのは、数少ないアートやデザイン系の作品のクオリティーの高さだった。どの作品も、斬新でユニーク。かつ個性豊かな感性溢れる素晴らしい作品ばかりだった。審査員の方々の目に原石を発見したような光が宿ったのは言うまでもない。

はじめてお会いする受賞者の方々は、現在大学在学中だったり、卒業しアートの世界に踏み出した人などまさに二十代の若き新世代の方々だった。これからさらに飛躍するだろうという期待高まる受賞者を前に、彼らを輩出した審査員の顔もほころんで行く。
最初に審査員より受賞者一人一人へ手作りの賞状が手渡され、その後、カンパイの声が響いた!
 



第3回アート&デザイン新世代賞 受賞記念パーティそして作品展開催へ!

最優秀賞の水口さんは受賞作の立体書道作品「とよこ」を持参された。実物は思ったよリも小さな作品ではあったが、そのシルエットの滑らかな美しさに一同見入ってしまった。
目の前に置かれた実物を囲みながら、手に触れ、角度を変え眺め、素朴な質問や感想が飛び交う。
立体化することで、私たちは文字に触れることができた。その文字が持つ温度、温もりを感じることができた。立体で表現されなければ、こうやって文字を反対側から見ることも、文字の裏がどうなっているのか、想像すらしなかっただろう。角度を変えることで見えてくる世界、そこから生まれる感情、そこに言葉の持つ本質が隠されているような気がした。突き詰めればその先に人間の本質が見えてくる。言葉、アート、そしてデザイン。そうだ、それこそが、今回のテーマに重なる、と改めて思った。

ここにいるのは受賞者と審査員という関係ではなかった。今を語り、未来を見つめる、熱き表現者たちだった。
 

第3回アート&デザイン新世代賞 受賞記念パーティそして作品展開催へ!

最後に出てきたデザートは今回の展示会に合わせ辻仁成と「ホテル&レジデンス六本木」の菱沼シェフがコラボレーションしたスペシャルなデザートだった。名付けて「西麻布パフェ」。展示期間中に限り数量限定でいただくことができるという。「可愛い」「キレイ」「美味しい」「ふわふわ」など、甘い感想が飛び交う。パリと西麻布の融合をイメージし、今までのパフェとは一味違う驚きの演出が隠されている西麻布パフェ。乞うご期待!である。

楽しい時間はあっという間に過ぎて行く。気がつくと終了予定時間をはるかに過ぎていた。
 

第3回アート&デザイン新世代賞 受賞記念パーティそして作品展開催へ!

さて、展示会が本日(11日)よりスタートした。受賞者の力作の数々をぜひその目で見て欲しい。どれも素晴らしい才能溢れる作品ばかりだ。そして、作品を見た後は「ココノマ」で「西麻布パフェ」を味わいながら、くつろいだ時間を過ごしていただきたい。
 

「第3回アート&デザイン新世代賞」作品展 詳細


◉テーマ: 時代の言の葉、言葉のデザイン
◉期 間: 2020年2月11日(火・祝)〜2月24日(月・祝)※初日は12:00〜、最終日は18:00まで
◉会 場: ホテル&レジデンス六本木(https://hr-roppongi.jp/)〒106-0031 東京都港区西麻布1-11-6
◉会場・電話番号: 03-5771-2469(フロント)
◉休館日: なし
◉入場料: 無料
◉会場までのアクセス: 日比谷線「六本木」駅2番出口より徒歩6分。大江戸線「六本木」駅4b出口より徒歩7分
 
〜作品展示期間中の特別企画〜


辻仁成と「ホテル&レジデンス六本木」の菱沼シェフがコラボレーションしたデザート「西麻布パフェ」が展示期間に限り数量限定にて登場します! パリと西麻布の融合をイメージし、今までのパフェとは違う驚きの演出が隠されている一品です。※期間:2020年2月11日〜2月24日まで!
 



 

posted by Design Stories

Design Stories

▷記事一覧

デザインストーリーズ編集部(Paris/Tokyo)。
パリ編集部からパリの情報を時々配信。