PANORAMA STORIES

家庭フレンチの定番を「うふふのウフ・ココット」 Posted on 2021/11/18 Design Stories  

赤、青、白、トリコロールカラーのル・クルーゼのミニココット。キッチンの飾りにしておくのも良いけれど、それだけじゃあ勿体ない! このかわいいココットたちにぴったりなお料理があるのです。それは、「ウフ・ココット」。ウフ(卵)料理です。

朝食にもぴったりですが、フランスでは前菜として出てくることの多い料理。私は、日本で言う「茶碗蒸し」のような存在だと思っています。ちょっと一品足りない時に、とっても簡単で、見栄えのする食卓の救世主なのです。

家庭フレンチの定番を「うふふのウフ・ココット」



中に入っているのは、にんにくとエシャロットのみじん切り、マッシュルームを炒め、生クリームでコクを加えたもの。それをココットの底に敷き、生卵をのせ、チーズを散らすだけ。水を張ったオーブン皿にココットを並べ、オーブンで蒸し焼きにします。200度のオーブンで12分くらい焼くと、白身は固まり、黄身はトロトロ。良い感じになります。

家庭フレンチの定番を「うふふのウフ・ココット」

マッシュルームがなくても、玉ねぎとハムを炒めたものなど、卵に合いそうなものならなんでもOK。卵と具が別々になったオムレツと考えていただければ、中に入れる具のアイデアがどんどん湧いてくるのではないでしょうか。生クリームを加えてちょっとクリーミーに仕上げた方が卵との相性がいいです。

お誕生日パーティーなど、特別な日の一品にも、毎日の食卓のお助けの一品にも。簡単かわいいウフ・ココットがあれば、家族みんな思わずうふふになること間違いなし!

家庭フレンチの定番を「うふふのウフ・ココット」



Posted by Design Stories

Design Stories

▷記事一覧

デザインストーリーズ編集部(Paris/Tokyo)。
パリ編集部からパリの情報を時々配信。