PANORAMA STORIES

家庭フレンチの定番を「チキンのソテー、クリームマスタードソース」 Posted on 2022/04/03 セギュール ちえみ(DS編集部) 料理好き パリ

このお料理は、私がパリに暮らし始めた頃、初めてフランス人の友人宅に招かれご馳走になった思い出の一皿。
すっごく美味しいのにレシピを聞いたらとても簡単で驚きました。その後、日本から遊びに来た友人に振る舞ってみたところ、友人たちは帰国後もこの料理を作り続けているとのこと。
一体どんなお料理なの?と期待をもたせてしまいますが、これが、めちゃくちゃシンプルなのに、想像の上をいく美味しさ!なのです。
10分もあればできてしまうので、ぜひ作ってみて欲しい一品です。

チキンのクリームマスタードとしましたが、フランスではターキー(七面鳥)で作ることが多いです。ターキーはチキンよりも味が淡白でパサパサしているので、ちょっとこってりしたソースがほしくなるのです。
マスタードをたっぷり使うので子供には難しいかなと思いがちですが、マスタードの辛みは飛んでしまうので、子供もぱくぱく食べてくれます。

地球カレッジ



それでは、超簡単なレシピを。
材料は、チキン胸肉、マスタード、生クリーム、白ワイン(あれば)、塩こしょう、のみ。
チキンの胸肉をを薄く伸ばし、塩こしょうをしておく。
焼く前にマスタードをたっぷり塗り、フライパンに少し油をひいて、中火で焼き始めます。
マスタードが焦げてしまうので火加減を調整してください。

家庭フレンチの定番を「チキンのソテー、クリームマスタードソース」

軽く焼き色がついてきたら裏返し、裏面にもマスタードを塗って焼きます。
こちらも軽く焼き色がついてきたら、そこに白ワイン少々を加え、生クリームをたっぷり目に投入。
マスタードを生クリームに馴染ませながら弱火で5分ほど火を入れ、最後に塩こしょうで味を整えて完成。
少し早めに作り、蓋をして15分ほど置いておくとお肉も柔らかくなり、味も馴染みます。
今回は粒マスタードを使いましたが、普通のマスタードで作ると少しまろやか目に仕上がります。

付け合わせにオリーブオイルを絡め、パルメザンチーズをたっぷり振りかけたタリアテッレなどを添えて。
今夜のメインに、ぜひどうぞ!

家庭フレンチの定番を「チキンのソテー、クリームマスタードソース」



自分流×帝京大学

Posted by セギュール ちえみ(DS編集部)

セギュール ちえみ(DS編集部)

▷記事一覧

パリ在住の料理好き。特にトラディショナルな料理に魅力を感じている。