JINSEI STORIES

父ちゃんの料理教室「大好物、ニース風スープ、スープ・オ・ピストゥ」 Posted on 2022/01/27 辻 仁成 作家 パリ

ニースを旅して、そこで知り合った人たちに教わった、「ニース風スープ」!
これが信じられないくらいに美味しいので、簡単に作り方を伝授したいと思います。
ニースは地元の郷土料理を守るためにニース市版のミシュランみたいなものを作っていて、そこに認定されたレストランに父ちゃん、滞在中、通いつめて、拝み倒して、笑、シェフに習ったほど、これは素晴らしい地元愛に溢れるスープなのであります。
イタリアのミネストローネにも通じる美味さがありますよ。夏はトマトをベースに作るのだけど、今回は冬版のスープ・オ・ピストゥを作ります。
まずは、材料。

父ちゃんの料理教室「大好物、ニース風スープ、スープ・オ・ピストゥ」



【材料、適当な分量で結構です】
材料はなんでもいいですが、根菜を中心に、集めてみましょう。そして、白いスープにしたいので白っぽい根菜で作ります。逆に夏はトマトが中心になるので赤っぽいスープになるのが特徴です。
ぼくが今回、マーシャルの八百屋で買ったのは、以下。
蕪、白ニンジン、ウイキョウ、ポワローネギ(下仁田ネギでいいですよ)、パネ(これは日本にはないですが、白い根菜)、クルージェット(白クルージェットがあればいいですけど、緑でも大丈夫)、セロリ、白玉ねぎ(玉ねぎでいいです。ご自由に)、など。
ピストゥ・ソースには、バジル三束、ニンニク、オリーブオイル、そして、松の実。

白いんげん豆とか、カリフラワーとか、いいですよね。今回、白いんげん豆は売り切れだったので、缶詰めを使いました。

父ちゃんの料理教室「大好物、ニース風スープ、スープ・オ・ピストゥ」



【作り方】
根菜は各、5mm四方にカットしておきます。鍋に潰したニンニク、オリーブオイルを回し掛けし、香りが移ったら、香味野菜を中心に炒め、ある程度火が回ったら、人参をいれます。
順番は火の通りにくいものから入れればいいですね。
だから、最後15分前くらいにズッキーニを入れましょう。
お好きな野菜で結構です。
水をひたひたになるまで入れて、そこに、チキンブイヨン(ビーフブイヨンでもいいですよ)を一つ放り込んでください。
軽く塩胡椒をして、45分から一時間、弱火でコトコト・・・。

父ちゃんの料理教室「大好物、ニース風スープ、スープ・オ・ピストゥ」



父ちゃんの料理教室「大好物、ニース風スープ、スープ・オ・ピストゥ」

その間に、ピストゥ・ソースを作ります。
ボウルにまず、ニンニクをひとかけら入れ、ブレンダーで粉々に、続いてバジルを入れやはりブレンダーで三回くらいに分けて粉砕して、笑、いきますが、途中で何度か、オリーブオイルを加えて緩めていきます。
最後にパルメジャーノを磨って投入、混ぜて、器に入れ、松の実をふりかけて完成です。
お皿に、出来上がったスープを入れて、その中心に大匙一程度、(お好みでどんだけ入れても問題ありません。ニース人はがんがん載せてました、笑)添えて、混ぜながら食べるのですが、これが信じられないくらいに、心に染みます。
高級感はないけど、ニースを知らなくても、郷土愛を感じる伝統の味です。南仏でしか食べられない一皿、日本のご家庭でもお試しください。
父ちゃんの大好物、みんな大喜び、間違いなし!!!
ボナペティ!!!!!

父ちゃんの料理教室「大好物、ニース風スープ、スープ・オ・ピストゥ」



父ちゃんの料理教室「大好物、ニース風スープ、スープ・オ・ピストゥ」

父ちゃんの料理教室「大好物、ニース風スープ、スープ・オ・ピストゥ」

※ はい、こちらが完成となります!!! 温まりますよー--。

地球カレッジ
自分流×帝京大学