Writer

辻 仁成

辻 仁成

Hitonari Tsuji
作家。パリ在住。1989年に「ピアニシモ」ですばる文学賞を受賞、1997年には「海峡の光」で芥川賞を受賞。1999年に「白仏」でフランスの代表的な文学賞「フェミナ賞・外国小説賞」を日本人として唯一受賞。ミュージシャン、映画監督、演出家など文学以外の分野にも幅広く活動。Design Stories主宰。

滞仏日記「料理を覚えた息子の簡単焼きニョッキ」Posted on 2019/09/22

某月某日、やる気が出なくて、家事とか、仕事とかに疲れて、寝ていたら、寝室のドアを誰かがノックした。 「…

posted by 辻 仁成

「コペンハーゲンのプティホテルで心を整える」Posted on 2019/09/21

欧州の中でも好きな街、コペンハーゲン。こじんまりとしていて、陰影があって、歴史と伝統だけじゃなく、現代のシャープさ…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「フランス人が窮地で繰り出すユーモアの妙」 Posted on 2019/09/21

某月某日、高校の説明会があり出かけてきた。最初に講堂で高校一年生の親御さんらを前に校長先生がこの一年間の教育方針に…

posted by 辻 仁成

「息子が不意に打ち明けた苦悩の日々」Posted on 2019/09/20

某月某日、今朝、息子との何気ないやり取りの中で、不意にあいつがこう言いだした。 「パパはぼくが何も不満…

posted by 辻 仁成

「モンサンミッシェルの奇跡」Posted on 2019/09/20

日本人観光客は確実に減った。アジア人だらけのパリで、ここ数年、日本人の姿が消えてしまったのでぼくは寂しかった。とこ…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「だれの人生だよ、とぼくは言う」Posted on 2019/09/19

某月某日、ぼくの息子のような世代の人たち、或いはぼくより若いあなたにちょっと言いたいことがある。別に、こんなオヤジ…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「一期一会が人生を動かすの巻」Posted on 2019/09/18

某月某日、しかし、ぼくはなぜか、カフェですぐに人と仲良くなる。二日前に行きつけの中華レストランで犬を連れたご夫婦と…

posted by 辻 仁成

デンマーク椅子に魅せられてPosted on 2019/09/17

ぼくは椅子が好き過ぎて、パリのアパルトマンは狭いのにいたるところに奇妙な椅子がある。どうしてこんなに椅子に心惹かれ…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「シングルファザーの苦悩と日常。それでも生きるということ」Posted on 2019/09/17

某月某日、世界は目まぐるしく動いているけれど、ぼくの日常も負けないくらい動いている。この日記は家のことが全部片付い…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「家族っていいな、と息子は言った」 Posted on 2019/09/16

某月某日、朝、4時半に起き、サンドイッチを拵え、出発の準備をする息子に手渡した。5時過ぎに家を出て二人でモンパルナ…

posted by 辻 仁成