Writer

辻 仁成

辻 仁成

Hitonari Tsuji
作家。パリ在住。1989年に「ピアニシモ」ですばる文学賞を受賞、1997年には「海峡の光」で芥川賞を受賞。1999年に「白仏」でフランスの代表的な文学賞「フェミナ賞・外国小説賞」を日本人として唯一受賞。ミュージシャン、映画監督、演出家など文学以外の分野にも幅広く活動。Design Stories主宰。

滞仏日記「そして、ぼくは家飯しなくなり、一人で外食をするようになった」Posted on 2021/12/03

某月某日、まぁ、子供も大きくなると、小さかった頃のように、家族で楽しくご飯という感じではなくなる。 受…

posted by 辻 仁成

父ちゃんの料理教室「人生は後半の方が長いのだから、鶏なす人生甘辛煮」Posted on 2021/12/02

育ち盛りの息子に出す料理と、自分が食べる料理がここのところ、違ってきました。 脂っぽいものやガッツリ系…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「超気になる、パリジェンヌのおやつ」Posted on 2021/12/02

某月某日、けだるい午後、夕飯の買い物に出る前に昼の皿を洗わないとならず、食洗器に愚痴っていた。 「毎日…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「こんなに寒い冬であっても、虹がかかる。ぼくは冬の虹を歌う」Posted on 2021/12/02

posted by 辻 仁成

父ちゃんの料理教室「ミルフィーユ仕立ての丸ごとキャベツのファルシ」Posted on 2021/12/01

これは、数年前のおはなし。 まだ、息子が今よりもうんと子供で、ぼくと会話をしていた頃の・・・。…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「クマ会議に参加をしたら、彼らが教えてくれた、人間らしい生き方」Posted on 2021/12/01

某月某日、眠れなくて、お気に入りのクマさんたちのぬいぐるみをツイートしてみた。 このクマたちの写真は、…

posted by 辻 仁成

退屈日記「主婦業に疲れた時に、やってほしい、十か条」Posted on 2021/11/30

某月某日、不意に家事とか料理が出来なくなる時がある。 それは人間なのだから、まず、当然のことである。…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「大切な人が亡くなっても、それでも、世界は慌ただしく動いていく不思議」Posted on 2021/11/30

posted by 辻 仁成

退屈日「毎日の息子飯、冷戦下でも、がっつし飯を作り続ける毎日」Posted on 2021/11/29

posted by 辻 仁成

滞仏日記「オミクロンなんかに負けないために、ぼくは笑顔で目を覚ました」Posted on 2021/11/29

某月某日、ラジオを聞いていたら、「今までの流れからするとオミクロン株はもうフランスに入ってますよ」と科学者の人があ…

posted by 辻 仁成