Writer

辻 仁成

辻 仁成

Hitonari Tsuji
作家。パリ在住。1989年に「ピアニシモ」ですばる文学賞を受賞、1997年には「海峡の光」で芥川賞を受賞。1999年に「白仏」でフランスの代表的な文学賞「フェミナ賞・外国小説賞」を日本人として唯一受賞。ミュージシャン、映画監督、演出家など文学以外の分野にも幅広く活動。Design Stories主宰。

月族 其の一Posted on 2019/12/01

  薬子の世界 1、…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「月が好きな人はだれもが月族なのです」Posted on 2019/11/29

  某月某日、自殺の名所に「ハードディスクはちゃんと処分してきましたか?」と立て看板を設置し…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「フランス人が立ち直る時に使う十の言葉」Posted on 2019/11/29

某月某日、在仏18年の父ちゃんだが、この国で何度も困難にぶつかっては乗り越えてきた。ぼくは日本語を生業にしているの…

posted by 辻 仁成

冬の東欧の定番煮込み料理を紹介しょう!Posted on 2019/11/28

冬になった。 寒くなると食べたくなるものがある。辻家定番中の定番料理、それはグーラッシュだ。日本語でい…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「息子に朝食の罠を仕掛ける」 Posted on 2019/11/28

某月某日、どんなに頑張っても眠れない時がある。我が家で一番落ち着く場所、キッチンに行き、仕方がないからワインを飲ん…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「言葉に殺されないために」Posted on 2019/11/27

某月某日、韓国の若い歌手の人が自殺をした。ぼくはその子のことを知らない。でも、昨日、そのニュースをネットで見て、そ…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「家族の大切さを説く母さんのことば」Posted on 2019/11/26

某月某日、今日は母さんが病院を一時退院し、テレビ局の取材を受ける日であった。(12月8日、日曜日16時5分から放送…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「息子がついにディプロマを、ぼくは号泣した」Posted on 2019/11/24

某月某日、ちょっと季節外れというのか、フランスの新学期が始まって二か月も経った11月下旬に、息子の中学卒業試験合格…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「ママ友の仏版ライングループに参加して見えた世界」Posted on 2019/11/23

某月某日、仲のいいママ友の数を数えたら8人もいた。というのも、フランス版ライン「ワッツアップ」にも招待システムがあ…

posted by 辻 仁成

「ギャラリー街の風雲児、隠れた巨匠、SAIKUSA」Posted on 2019/11/22

写真家、SAIKUSA SATOSHIはぼくと同世代、九州、五島列島の出身と聞いたことがある。しかし、その多くの経…

posted by 辻 仁成