Writer

辻 仁成

辻 仁成

Hitonari Tsuji
作家。パリ在住。1989年に「ピアニシモ」ですばる文学賞を受賞、1997年には「海峡の光」で芥川賞を受賞。1999年に「白仏」でフランスの代表的な文学賞「フェミナ賞・外国小説賞」を日本人として唯一受賞。ミュージシャン、映画監督、演出家など文学以外の分野にも幅広く活動。Design Stories主宰。

「アンデルセンはどんな思いで人魚姫を書いたのだろう」Posted on 2019/09/26

  アンデルセンといえば、デンマークだ。バルト海にのぞむ、シェラン島とアマー島に位置している…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「フランスの風邪対策と日本の知恵」 Posted on 2019/09/26

某月某日、大変なことになった。息子が風邪をひいてしまったのである。10月12日のオーチャードホールまでちょうど二週…

posted by 辻 仁成

ザ・インタビュー「パリのうどん国虎屋・野本将文、フランスで成功する秘訣」Posted on 2019/09/25

パリ、オペラ地区には数軒のうどん屋があるが、その中でも老舗中の老舗「国虎(くにとら)」はオペラが日本人街と言われて…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「セクシーな温暖化対策」Posted on 2019/09/25

某月某日、うちは毎晩、夕飯の時間を利用して今日の出来事とか最近の社会問題なんかを議論している。だいたいは息子が学校…

posted by 辻 仁成

息子と歩いたモスクワ・赤の広場の衝撃Posted on 2019/09/24

  1「ぼくは赤の広場に行きたい」 15歳の息子がまだ小学生だった…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「ぼくは今日、ちょっと自分が嫌いだった」Posted on 2019/09/24

某月某日、自分が嫌いと思う瞬間ってたまにあるよね。ナルシストのぼくであっても、自分が嫌いになる瞬間があります。きっ…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「苦しい時にぼくがやること」Posted on 2019/09/23

某月某日、引退について考えたりもする。引退なんかできるわけないじゃん、と思い直したりもする。しかし、心の中では「引…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「料理を覚えた息子の簡単焼きニョッキ」Posted on 2019/09/22

某月某日、やる気が出なくて、家事とか、仕事とかに疲れて、寝ていたら、寝室のドアを誰かがノックした。 「…

posted by 辻 仁成

「コペンハーゲンのプティホテルで心を整える」Posted on 2019/09/21

欧州の中でも好きな街、コペンハーゲン。こじんまりとしていて、陰影があって、歴史と伝統だけじゃなく、現代のシャープさ…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「フランス人が窮地で繰り出すユーモアの妙」 Posted on 2019/09/21

某月某日、高校の説明会があり出かけてきた。最初に講堂で高校一年生の親御さんらを前に校長先生がこの一年間の教育方針に…

posted by 辻 仁成