Writer

辻 仁成

辻 仁成

Hitonari Tsuji
作家。パリ在住。1989年に「ピアニシモ」ですばる文学賞を受賞、1997年には「海峡の光」で芥川賞を受賞。1999年に「白仏」でフランスの代表的な文学賞「フェミナ賞・外国小説賞」を日本人として唯一受賞。ミュージシャン、映画監督、演出家など文学以外の分野にも幅広く活動。Design Stories主宰。

滞仏日記「意味を探すな、とカモメがぼくに教えてくれた日」Posted on 2020/06/26

某月某日、とにかく暑い。あまりに暑いので、何もする気が起きない。ホテルを探すのも面倒くさくなってきた。魂の洗濯をす…

posted by 辻 仁成

滞仏旅日記「フランスの田舎で雑貨やアンティークを探す愉しみ」Posted on 2020/06/25

某月某日、ぼくは特に趣味のないつまらない男なのだ。でも、フランスの田舎を巡る旅の最中、ひそかに燃える愉しみがある。…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「地震、雷、火事、バッタ!? 再び忍び寄るコロナの不気味」Posted on 2020/06/25

某月某日、昼過ぎ、立ち寄った小さな街のカフェ・レストランのギャルソンさんに「日本は感染者が少ないからいいね」と言わ…

posted by 辻 仁成

滞仏旅日記「カモメの親子、人間に負けない家族愛に感動の巻」Posted on 2020/06/24

某月某日、昨夜、夕陽が沈みかけた頃、21時過ぎだと思うけれど、ぼくの部屋のベランダの向こう側にある建物の屋根の上に…

posted by 辻 仁成

滞仏旅日記「フランスの田舎を巡る、行く当てのないバーチャル街道を行く」Posted on 2020/06/24

某月某日、ロックダウン中、相当に神経を使ったので、もちろん、かなり疲労困憊してしまった。年ごろの息子が一日中、家に…

posted by 辻 仁成

自分流とは人間の中にある可能性に光をあてること。Posted on 2020/06/24

帝京大学は自分で考え行動し、その結果には責任を持つ「自分流」の生き方の習得をその教育理念として、個…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「ふと思いつき、ぼくは今から旅に出ることにした」Posted on 2020/06/23

某月某日、長いロックダウンで疲れ切ったぼくは人間性を回復する必要があった。朝から晩まで掃除洗濯、買い物に料理をやり…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「時間というものとの向き合い方」Posted on 2020/06/23

某月某日、腕時計をしている人ほど、時間にルーズだったりする。そして、時間が無い、と誰かが言う。この時間という尺度に…

posted by 辻 仁成

暮らし日記「フランスのスーパーで大人気の日本菓子? え、そっくり」Posted on 2020/06/22

某月某日、フランスのスーパーに日本でなじみのくりそつ菓子がある。渡仏した20年近く前にまず発見したのがMIKADO…

posted by 辻 仁成

滞仏日記「今はアメリカに行きたくない」 Posted on 2020/06/22

某月某日、よその国のことなので、余計なお世話の話しだろうから、アメリカの国内事情のことまでとやかく言いたくないし、…

posted by 辻 仁成