PANORAMA STORIES

家庭フレンチの定番を「アーティチョーク・ヴィネグレット」Posted on 2022/04/15

代表的な春の野菜と言えば、個人的には、まずアーティチョークが思い浮かぶのですが、・・・この野菜、実に不思議な形をし…

Posted by セギュール ちえみ(DS編集部)

家庭フレンチの定番を「スパイシーアップルケーキ」Posted on 2022/04/11

ティータイムにぴったりのこのケーキは、イギリスの雑誌に載っていたレシピをアレンジしたもの。ティータイムにも、朝ごは…

Posted by セギュール ちえみ(DS編集部)

家庭フレンチの定番を「チキンのビネガー煮込み、じゃがいものエクラぜ添え」Posted on 2022/04/10

チキンの煮込みといえば、フランスでもトマト煮込みが主流ですが、トマト煮込みに飽きたら、ぜひ、ビネガー煮込みをお試し…

Posted by セギュール ちえみ(DS編集部)

愛すべきフランス・デザイン「100年前のメリーゴーランドに乗れる、パリのノスタルジックな博物館」Posted on 2022/04/09

アラブの富豪が子どもの誕生会のために貸し切り、インドのお金持ちが数千人単位のパーティーを開催、そして、Netfli…

Posted by ウエマツチヱ

家庭フレンチの定番を「チキンのソテー、クリームマスタードソース」Posted on 2022/04/03

このお料理は、私がパリに暮らし始めた頃、初めてフランス人の友人宅に招かれご馳走になった思い出の一皿。 …

Posted by セギュール ちえみ(DS編集部)

サグラダ・ファミリアに加わる、日本人彫刻家の繊細な仕事と最新技術Posted on 2022/04/02

1882年3月19日に着工してから、今でも建設が続くサグラダ・ファミリア。いつまでも建設中というイメージがあるが、…

Posted by ウエマツチヱ

「人生は後始末の連続である。父から手渡されたもの」Posted on 2022/03/30

最期という漢字は「死に際」を意味する。 必ず訪れる死に際だが、いったいどのような最期をぼくは迎えること…

Posted by 辻 仁成

「それでも、小説家になりたい人への三つの助言」Posted on 2022/03/29

どうしても小説家になりたいのですが、方法を教えてください、と質問されることがたまにあります。 小説家に…

Posted by 辻 仁成

三四郎日記「吾輩は犬である。ドッグトレーナーの神様」Posted on 2022/03/27

吾輩は犬である。だんだんと理解出来るようになってきた。 自分がムッシュやジュートとは違うということも分…

Posted by 三四郎

「接吻は記憶の羽根。大好きなクリムトに会いに旅した時の想い出」   Posted on 2022/03/27

  ある愛のいびつな物語。 数年前の旅の想い出である。…

Posted by 辻 仁成